cmsbanner

WEBサイト制作から運営まで様々な工程と長い時間がかかります。 CMSツールを利用すれば、

簡単かつ効率よくWEBサイトを制作運営でき、下記のメリットがあるためCMSの導入が進んでいます。

  • WEB制作者とサイト更新者の分業ができ、制作者はWeb制作に集中でき、サイト運営者はサイト更新に集中できる。
  • 複数人でWEBサイト更新ができ、更新者の権限を分けて管理できる。
  • WEBサイトのコンテンツはデータベースで管理するので、デザインとコンテンツは分離しており、WEBサイトのリニューアルも比較的簡単にできる。
  • プラグインやモジュールを利用し、様々な機能を追加しやすい。
  • ワープロ感覚で自由にページを追加編集できるため、更新の都度、WEB制作業者への依頼が少なくなり工数を減らすことができる。

 

ウィランズでは、 WordPress(ワードプレス)とDrupal(ドルーパル)の2つのCMSを使ったコースをご用意しています。

WordPress 小規模から大規模まで様々なWEB制作に対応する日本で広く使われています。
Drupal 中規模以上のWEBサイト制作に向いています。海外では広く普及おり、今後は日本での普及が見込まれています。

(Drupalについては、2014/7以降不定期にセミナーを開催します。)

WordPress,Drupalともに、下記のような技術が主に利用されています。

●HTML,CSS,PHP,MySQL,JavaScript,各種フレームワーク

WEBサイト制作の現場では、WEBデザインだけでなく、IT&WEBエンジニアリングのスキルが必要になってきています。

 

※コンテンツマネジメントシステム(英: Content Management System, CMS)は、Webコンテンツを構成するテキストや画像などのデジタルコンテンツを統合・体系的に管理し、配信など必要な処理を行うシステムの総称。2005年頃より一般的に普及したといわれる。コンテンツ管理システムとも呼ばれています。